ARTIST

VERO MÉNDEZ

[Argentina(Salta)/アルゼンチン(サルタ)]

アルゼンチン・サルタ出身の歌手、作曲家であり、アコーディオン、ロンロコ(弦楽器)、ギター、パーカッションを操るマルチ奏者。
アルゼンチン北西部のアンデス音楽をベースに、フォルクローレをルーツとしたラテンアメリカのリズムに近い音楽を奏でる。
マリアナ・バラフプロデュースのファーストアルバム『Buen Agüero』(2019)は、2020年のメルセデス・ソーサ賞「ベスト・オルタナティブ・フォーク・アルバム」にノミネート。
スキヤキ発のレジデンスユニット、クアトロ・ミニマルとはサルタでのワークショップ等で交流を行っている。

●SUKIYAKI MEETS THE WORLD 2021 配信プログラム(SUKIYAKI MEETS THE WORLD x EL NOA交流企画)

WEBSITE Facebook Instagram

Singer, composer and multi-instrumentalist born in Salta, Argentina, she plays accordion, ronroco, guitar and percussion.
Her musical style is close to Latin American rhythms of folkloric roots, with emphasis on the Andean music of northwestern Argentina (NOA).
Her first album “Buen Agüero”, released in 2019, was produced by Mariana Baraj and nominated in 2020 to the Mercedes Sosa Awards, as “Best Alternative Folk Album”.

●SUKIYAKI MEETS THE WORLD 2021 ONLINE DEFFUSION(SUKIYAKI MEETS THE WORLD x EL NOA EXCHANGE PROGRAM)

VIDEO
PAGE TOP