ARTIST

NOURA MINT SEYMALI

ヌーラ・ミント・セイマリ

[Mauritania モーリタニア]

アラブとブラック・アフリカ、そしてベルベルの文化が交差する西アフリカの国モーリタニアを体現したミクスチャー・サウンドを聴かせてくれる女性歌手/アールディン奏者ヌーラ・ミント・セイマリ。国民的なスター、ディミ・ミント・アッバを継母に持ち、また父も高名な音楽家だったというヌーラは、西アフリカの伝統芸能を世襲で伝えてきたグリオ(イガウィン)の家系の出身でもある。13歳より音楽の道を志したヌーラは、その後、夫で弦楽器奏者のジェイシェ・ウルド・シガリと共に活動を開始。ジェイシェは伝統弦楽器ティディニートの演奏家でもあるが、いつしか特殊なチューニングとエフェクトをかけたエレキギターに置き換えて演奏するようになり、それがヌーラの音楽のユニークな味付けになっている。これまでに世界中の国々で演奏を行い、大きな評価と喝采を浴びている。

●SUKIYAKI MEETS THE WORLD 2017 フローラルステージ(8/26)
●SUKIYAKI TOKYO 2017 DAY 1 (8/29)

WEBSITE

【来日編成】
ヌーラ・ミント・セイマリ(ヴォーカル、アールディン)
エル・ジェイシュ・チガーリ(ギター)
ウスマン・トゥレ(ベース)
マシウ・テイナリ(ドラム)

VIDEO

CD情報


「アルビーナ」(2016)
INR-7102/ライスレコード

「ティザンニ」(2014)
INR-879/ライスレコード

PAGE TOP