ARTIST

NADIA SZACHNIUK

[Argentina(Salta)/アルゼンチン(サルタ)]

サルタ出身、20年間ブエノスアイレスに住み、幼少期より歌に夢中になって過ごす。
ソロシンガーとして、ポップスや文学的な分野で幅広い活動を見せる。
2004年から2009年まで国立青年合唱団に所属し、プロアーティスト部門でボーカルやコーラスアンサンブルに数多く参加。
2011年リリースのエヴァ・ソラとのデュエットアルバム『VIDALA』は、アルゼンチンで最も権威のある音楽賞「ガルデル賞2012」の最優秀新人フォーク・アーティスト・アルバムを受賞。
2016年、初のソロアルバムとなる『Luna Atras』をリリースし、世界的な評価を得る。
2019年ポルトガルのアーティスト・レジデンス(Musiberia)で作曲録音した、デジタル・オーディオビジュアル形式のアルバム「Puente」をリリース。
2021年、エヴァ・ソラとのデュオ「Eva y Nadia」としてセカンドアルバム「Vidala en mi zamba」をリリース。
毎年、ヨーロッパ、アフリカ、カナダ、アメリカ、ブラジルなど世界各国で、スタやアルゼンチン音楽に関するコンサートやセミナーを開催している。

●SUKIYAKI MEETS THE WORLD 2021 配信プログラム(SUKIYAKI MEETS THE WORLD x EL NOA交流企画)

WEBSITE Facebook Instagram

Born in Salta, and with 20 years of residence in Buenos Aires, she has been dedicated to singing since she was very young.
She has an extensive career as a soloist singer, in the popular and lyrical fields.
She was part of the National Youth Choir from 2004 to 2019, belonging to stable and professional artistic crews, and was part of numerous vocal and choral ensembles.
She won the Gardel Award 2012 “Best New Folk Artist Album” with the album VIDALA, recorded in duet with Eva Sola.
In 2016 she recorded her first solo album “Luna Atrás”.
In 2019 she recorded “Puente” her new album in digital audiovisual format composed and recorded in an artistic residency in Portugal (Musiberia)
In 2021 she recorded the second album of the duo Eva y Nadia, called “Vidala en mi zamba”.
Every year she gives concerts and seminars on singing and Argentine music, nationally and internationally (Europe, Africa, Canada, United States and Brazil).

●SUKIYAKI MEETS THE WORLD 2021 ONLINE DEFFUSION(SUKIYAKI MEETS THE WORLD x EL NOA EXCHANGE PROGRAM)

VIDEO
PAGE TOP