ARTIST

MARIANA BARAJ

[Argentina(Salta)/アルゼンチン(サルタ)]

歌手、パーカッショニスト、チャランゴ奏者、プロデューサー、作曲家 。
ソロ名義で9枚のアルバムをリリースし、2019年5月には、グラミー賞を複数回受賞したプロデューサーのラリー・クラインがディレクションした作曲「El clavel del aire」をワールドミュージックアルバム「Same Sky」のために、南フランスのLa Fabrique Studiosで録音し、米国のiTunesチャートのカテゴリー「ワールドミュージック」で1位、全世界でトップ10入りを果たした 。
– 2017年ラテン・グラミー賞ノミネート
– 2016年と2011年のガルデル賞・最優秀女性フォルクローレ・アルバム賞受賞
– 2017年ガルデル賞受賞 最優秀児童音楽アルバム 賞受賞
– 2005年フォルクローレ伝承者としてクラリン賞受賞
多才なキャリアは、ドイツ、フランス、スペイン、日本、韓国、アメリカ、パレスチナ、イスラエル、ブラジル、コロンビア、チリ、ウルグアイ、メキシコ、パラグアイ、セネガル、アルゼンチン共和国全体といった国々で、世界的に最も有名な音楽フェスやプロジェクトに参加してきた。
スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドには2010年、2013年に出演。以来、スキヤキ発レジデンスユニット、クアトロ・ミニマルとの共演やアルバム参加など、スキヤキには欠かせない存在。

●SUKIYAKI MEETS THE WORLD 2021 配信プログラム(SUKIYAKI MEETS THE WORLD x EL NOA交流企画)

WEBSITE Twitter  Facebook Instagram

Singer, percussionist, charango player, producer and composer
She has nine albums recorded as a soloist and in May 2019 she recorded her composition “El clavel del aire” at La Fabrique Studios in the South of France, directed artistically by Larry Klein, multiple Grammy winner producer, for the World Music album “Same Sky”, ranked N° 1 on iTunes charts in the U.S., category “World Music” and Top 10 worldwide
– 2017 Latin Grammys Nominee
– Gardel* Award winner in 2016 and 2011 Best Female Folklore Album
– Gardel Award winner in 2017 Best Children music Album
– Clarín Award winner 2005 as Folklore revelation
Her prolific career has taken her to the most well known music festivals and projects around the world in countries such as Germany, France, Spain, Japan, Korea, United States, Palestine, Israel, Brazil, Colombia, Chile, Uruguay, Mexico, Paraguay, Senegal and the whole Argentine Republic.

●SUKIYAKI MEETS THE WORLD 2021 ONLINE DEFFUSION(SUKIYAKI MEETS THE WORLD x EL NOA EXCHANGE PROGRAM)

VIDEO
PAGE TOP