ARTIST

KODAMA AND THE DUB STATION BAND

ダブ・トランペッター こだま和文(元 MUTE BEAT)が、4枚のアルバムを発表したソロ活動を経て、新たに結成したバンド。
1999年、新宿リキッドルームで開催された『こだま和文 & His friends』の為に結成。本来は一夜限りの企画だった。
2005年、こだまのカセットレコーダーに記録されていた1999年のリハーサル音源を『IN THE STUDIO』としてリリース。それにともない、バンドとしての活動を開始した。翌年にアルバム『MORE』を発表。しかし所属レーベルの消滅により、活動休止を余儀なくされる。
長い沈黙の後、2015年12月、メンバーチェンジをして活動を再開。以降、地道な活動を続けている。
現在のメンバーは、こだま和文(Tp / Vo)、HAKASE-SUN(Key)、森俊也(Dr)、コウチ(B)、AKIHIRO(G)、2018年冬に新メンバーARIWA (Tb / Vo) が加わった。
2018年3月、映画「ひまわり」のテーマ曲カヴァーを含むミニ・アルバム『ひまわり/Himawari-dub』をリリース。
2019年11月、初のオリジナル・フルアルバム『かすかなきぼう』リリース。
2021年6月、JAGATARA「もうがまんできない」のカヴァーを12インチ・両A面シングルとしてリリース。
今回のスキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドでの演奏は、2020年3月3日、渋谷クアトロでのワンマンライブ『かすかなきぼう March』以来、18ヶ月振りのライブとなる。

●SUKIYAKI MEETS THE WORLD 2021 ヘリオスステージ DAY 2 (10/24)

WEBSITE Twitter Facebook Instagram

PAGE TOP