ARTIST

JARIBU AFROBEAT ARKESTRA

ジャリブ・アフロビート・アーケストラ [Japan / 日本]

ナイジェリアの伝説的アーティスト、フェラ・クティが西アフリカの大衆音楽であるハイライフにジャズやファンクのエッセンスを採り入れ、60年代末にそのサウンド・スタイルを確立。90年代以降に再評価され、近年も世界各国からフェラの魂を継承するバンドが続々と登場中……などという説明すらも必要ないほどに、さまざまな音楽/リスナーへと浸透しつつあるアフロビート。ここ日本でもそのスタイルを独自に消化吸収したバンドが増加中だが、なかでも熱いライヴ・パフォーマンスで人気を集めているのが JariBu Afrobeat Arkestra だ。
Fuji Rock Festival には2009年と2014年、2度ほど出演しているが、 2012年にドイツのレーベル、Tramp Records よりファーストアルバム “MEDIACRACY” をリリースしたことをきっかけに世界的にも知られるようになり、2015年に韓国ツアー、2016年にはフランス・スペイン・ツアーを敢行して好評を博した。

●8/26ガーデンステージ

WEBSITE Twitter Facebook

 

MEMBERS

Masamichi Ishikawa (Key.)
Tetsuta “Tetta” Otachi (Gt.)
Tetsuya Kawabata (Perc.)
Yuji Okumura (Gt. / MC)
Toshihiko Tsutaya (Bass)
Karl Gutch (Dr.)
Yasuhiro “Yath” Suenatsu (T. Sax)
Strike Suzuki (Tb.)
Naohito “Temjin” Yomoda (Tp.)
Va-O (B. Sax)

VIDEO