ARTIST

BAB L’BLUZ

バブ・ルブルーズ [Morocco,France / モロッコ,フランス]

2018年にマラケシュで結成されたバブ・ルブルーズは、モロッコの伝統音楽グナワと、その要となる弦楽器ゲンブリを世界中に広めるために活動している。
2020年にリリースされたデビューアルバム『Nayda!』は、世界の音楽シーンに大きな衝撃を与え、ワールドミュージックチャートを軒並み席巻。本来男性のみが演奏を許されているグナワ音楽を、女性ボーカルのユスラを中心にサイケロックやブルース、ファンクなどと融合させた、シンプルでありながら強烈なトランス感を生み出すサウンドは、まさに新世代のモロッコ音楽!

 

【8/24更新】BAB L’BLUZは中心メンバー1名が新型コロナウイルス感染症の陽性と判定されため、今回の全ての来日公演が出演キャンセルとなりました。詳細はこちら

●8/27ヘリオスステージDAY1
●8/28スキヤキ・エクストラ「21世紀のグナワ音楽」

WEBSITE Facebook Instagram

 

MEMBERS

Brice Bottin (Guembri / Gt.)
Yousra Mansour ( Awisha / Guembri / Vo.)
Hafid Zouaoui (Dr.)
Mehdi Yachou (Fl. / Perc.)


Bab L’ Bluz are reclaiming the blues for North Africa. Fronted by an African-Moroccan woman in a traditionally male role, the band are devoted to a revolution in attitude which dovetails with Morocco’s ‘nayda’ youth movement – a new wave of artists and musicians taking their cues from local heritage, singing words of freedom in the Moroccan-Arabic dialect of darija. Ancient and current, funky and rhythmic, buoyed by Arabic lyrics, soaring vocals and bass-heavy grooves, Nayda! seems to pulse from the heart of the Maghreb.

VIDEO