NEWS

【参加者募集中】10/18~22ウポポワークショップforビギナーズ【スキヤキ2021】

ウポポとは?

アイヌ語で「歌」を意味する言葉。様々なリズムパターンで構成される輪唱は、一緒に歌うことでぐるぐるとリズムの渦に巻き込まれていく感覚を味わえます。今回のワークショップでは、ウポポを現代に再生・伝承するグループ「マレウレウ」のメンバーであるマユンキキが講師となってみなさんを天然トランスの世界へ誘います。

ワークショップ概要

日程:2021年10月18日(月)~22日(金) 19:00~21:00 全5回
会場:南砺市福野文化創造センタースタジオD
講師:マユンキキ
定員:中学生以上10名
受講料:5,000円
申込方法:ヘリオス窓口、メール

講師:マユンキキ

1982年生まれ。北海道出身・在住。アイヌの伝統歌を歌う「マレウレウ」、「アペトゥンペ」のメンバー。音楽分野だけでなく国内外のアートフェスティバルにパフォーマンス参加多数。アイヌ語講師、札幌国際芸術祭(SIAF)2017 バンドメンバー(企画チーム)、SIAF 2020ではアイヌ文化コーディネーターをつとめる。2018年より、自身のルーツと美意識に纏わる興味・関心からアイヌの伝統的な文身「シヌイェ」の研究を開始。現代におけるアイヌの存在を、あくまで個人としての観点から探求し、表現している。2020年には、第22回シドニー・ビエンナーレ「NIRIN」に参加。同年、写真家の池田宏と「シヌイェ アイヌ女性の入墨を巡るプロジェクト」(北海道・白老)、その後の初めの個展として2021年「シンリッ アイヌ女性のルーツを探る出発展」(北海道・札幌、CAI03)を開催した。
アーティストページ

 

新型コロナウイルス感染症対策について

・感染状況等により、ワークショップが中止となる場合がございます。ご了承ください。
・マスクの着用、咳エチケット、こまめな手指消毒にご協力ください。
・検温を行います。37.5度以上の場合は参加をご遠慮ください。
・体調に細心の注意を払い、発熱、咳、のどの痛み等の症状がある方は参加をご遠慮ください。
・会場内は常時換気を実施し、定期的に手すり等の消毒を実施します。
・講師、スタッフはマスクを着用の上、指導・業務を行います。

スキヤキ2021ポリシー

チラシ

主催・問合せ

スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド実行委員会
南砺市やかた100(南砺市福野文化創造センター内)
TEL:0763-22-1125 MAIL

関連記事一覧

PAGE TOP