NEWS

「スキヤキ・キャラバン in 井口 花椿」開催!

南砺市を巡る音楽ツアー

スキヤキ・キャラバン in 花椿

日時:7月17日(祝) 開場13:30 開演14:00

会場:障害者支援施設「花椿」 南砺市蛇喰1302

出演:COROA DE NEVE、トゥーマラッカ、スキヤキ巨大人形隊、花椿バンド

入場無料 全席自由 (どなたでも入場いただけます)

主催:スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド実行委員会

共催:北日本新聞社/社会福祉法人 渓明会

COROA DE NEVE  コロア・ヂ・ネーヴィ

 

富山県を拠点として活動するサンバ打楽器隊(ポルトガル語で「バテリア」という)。チーム名の「コロア・ヂ・ネーヴィ」は、ポルトガル語で「雪の王冠」という意味で、立山連峰をイメージし命名された。リオのサンバ打楽器隊のグルーヴを表現することを目標に練習に励む中、演奏技術だけでなく文化を幅広く知り体験する活動や、ブラジルの方々との交流も行っている。文化としてのサンバに取り組み、これからも大いに注目されるチーム。

TUMARACCA  トゥーマラッカ

 

スキヤキ2013ワークショップの受講生らによって結成されたスキヤキ市民楽団トゥーマラッカ。ブラジル北東部のリズムである「マラカトゥ」を演奏する太鼓グループ 「バッキバ」の廣瀬拓音氏より直伝されたリズムは本格派。昨年のスキヤキ2016では日本全国のマラカトゥグループが集結し100人パレードを達成。現在もワークショップを行い、倍音の渦を磨くべく日々研鑽の毎日。

SUKIYAKI GIANT PUPPETS GROUP  スキヤキ巨大人形隊

 

2014年モザンビークの講師とともに廃材や身近な材料を使ってひとりで操る高さ3mを超える巨大人形を製作。翌年メキシコのアーティストのデザインによる2体、そして昨年は独自に小人人形とサウンドシステムオブジェを製作。その一種異様な迫力は、老若男女に愛されステージやパレードに大活躍。一躍フェスの顔となり、各地のイベントで活躍中。今年は地産の材料と伝統的な作業による人形を製作。さらに、パフォーマンスのスキルアップをはかりダンス講師とともに楽しいステージパフォーマンスを計画中。市内井波地域アスモSCにある工房での公開製作も必見!

花椿バンド

 

2002年の障害者支援施設“花椿” (南砺市井口地域)の利用者と職員によって結成。利用者から個々の好きな言葉を募集し、作曲したオリジナルソング「みんなのうた」をレコーディングするなど積極的に音楽を楽しむ活動を進める。毎年スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドの出演者らとセッションし、着実にレベルアップし続けるユニークなバンド。

PAGE TOP